女性にとって重要なのはホルモン

低用量ピルとは、35μg以下のエストロゲンとプロゲステロンを配合した女性ホルモン薬で、避妊薬として用いられることの他、月経トラブルや子宮内膜症の治療薬としても婦人科等医療機関で処方されています。これを服用するメリットは、卵巣を休眠状態にして排卵を止めることから高い避妊効果があります。

 

そして女性ホルモンを補いコントロールする点では月経周期を正常な状態に整え、これに伴いPMSの緩和や出血量を減少させる等の効果もあります。また、低用量ピルには月経痛や子宮内膜症に伴う痛みに対して発痛物質の産生を抑制し、痛みを感知する神経増殖因子を減少させることから鎮痛効果があります。

 

更に、子宮外妊娠の発症頻度を低げ、長期服用により子宮がんや卵巣がん等のリスクを低下させ、また、低用量ピルはニキビや多毛症の改善も図れるというメリットがあります。